裏磐梯

明治21年(1888年)7月15日、会津磐梯山の噴火によって現れたのが巨大な高原台地の「裏磐梯」地域です。
その時に大量な土砂や岩石にせき止められて出来上がった4つの湖を始めとして大小300の湖沼群は、
美しい自然が息づく国内でも有数なトレッキングの聖地となっています。

基本的に夏は涼しく、冬は積雪の多い寒冷地ですが、
雪解けの春4月から紅葉が終わる11月中旬まで、それぞれの季節が楽しめるオールシーズンリゾートと言えます。

大自然の庭 裏磐梯イメージ

春は、雪解けに「水芭蕉」の群生、GWくらいから檜原湖遊覧船。

裏磐梯「春」イメージ

夏は、遊歩道、トレッキングカヌー体験、子供たち向けの「シャワーウォーク」、星空観賞。

裏磐梯「夏」イメージ

秋は、紅葉「ゴールドライン」「レークライン」「スカイライン」「スカイバレー」。
※特にレークラインの「中津川渓谷」スカイラインの「吾妻小富士」などは有名な紅葉スポットです。

裏磐梯「秋」イメージ

冬は、「わかさぎ釣り」(檜原湖・小野川湖など)

ワカサギ釣り
ワカサギ4匹
ご予約はこちら